トラブルを把握してから水道の修理を依頼しよう

トラブルを把握してから水道の修理を依頼しよう トイレが詰まったり、蛇口や排水管の水漏れなど、水道のトラブルは急に起こります。いきなりのことでパニックになるうえ、トイレやお風呂キッチンなど生活に欠かせない場所が使えなくなると困るため、慌てて業者に依頼して直してもらわなければと考えます。しかし、急なことで下調べができず、広告やインターネットで目に付いた業者に依頼をしてしまい、修理が終わってから料金やサービスが相場のものよりも悪かったと後悔することもあります。このように修理を依頼した後に後悔しないように、水回りのトラブルについて知っておくと参考になる情報をまとめました。まずはどんな水回りのトラブルがあり、どのように対処できるかを知ることで、万が一の際に慌てずに行動することができるようになります。

■トイレのトラブル

トイレが詰まって水が流れない、タンクから水漏れがするなど、トイレのトラブルはタンクや排水管などに起こります。トイレが詰まるのは固形物や大量のトイレットペーパーを流したことが原因のことが多いです。子供がトイレットペーパーを大量に流したり、生理用品などが誤って流れて詰まり、水圧で水漏れが起こることあります。
水漏れの場合は部品の老朽化が原因となることも多く、便器そのものは丈夫にできていてもパッキンなどの部品が10年を目安に老朽化していくといわれています。便器の詰まりなら異物を取り出せば解消できることもありますが、便器の奥の汚水管まで入りこんでしまった場合は必ず修理業者に依頼して取り除いてもらいましょう。さらに、ウォシュレットの故障や交換にも対応してれる業者もあるので、困った際には連絡してみると良いでしょう。

■台所のトラブル
台所のトラブルで多いのは、蛇口からの水漏れや排水口の詰まりなどが挙げられます。食品に含まれる油や食べかすの汚れが付着し狭い排水口を詰まらせているのです。排水口に溜まった生ごみは悪臭や菌の繁殖の原因となり、排水口内部のさびや汚れも発生させてしまうので、できる限り頻繁に取り除くことが必要です。生ごみは三角コーナーに入れてその日のうちにゴミに捨て、排水口にはネットなどを設置すれば回収しやすくなります。
蛇口の水漏れは内部の部品が不具合を起こして発生することが多くあります。内部のどの部品が原因かは場合によりますが、使用頻度の高い台所は、約10年ほどで蛇口 交換するのが理想とされています。たいてい消耗した部品を交換すれば直りますが、使用年数によっては蛇口ごと買い替える必要があります。

■洗面所や風呂のトラブル

風呂の排水溝は毎日出る石けんカスや髪の毛などの汚れによって悪臭や詰まりが発生します。お手入れの頻度や湿度などの環境によって汚れが発生しやすくなるので、こまめに掃除をして髪の毛などのゴミを取り除く必要があります。風呂の排水溝には排水トラップという器具がついており、これに水が溜まって悪臭や虫などが上がってくるのを防いでいます。
このトラップは水が流れる隙間が狭く詰まりやすいので、こちらもこまめに掃除をする必要があります。取り外しができるタイプのトラップは、排水溝のゴミ受けの下に設置してあるので取り外して掃除することができます。シャワーヘッドや蛇口、カランなどの部品も時間がたてば劣化するため、水漏れや故障となれば業者に交換してもらう必要があります。

■まとめ
水道の通っている場所は生活するうえでどうしても汚れが付きやすく、さびや経年劣化の影響で傷むことがあります。気づかないうちについた汚れからある日突然トラブルが発生することも珍しくないので、普段からこまめな手入れを行うことが長く使うコツとなります。もしトラブルが起こった時も、どこが原因なのか冷静に把握すれば、慌てることなく対応でき、業者への連絡もスムーズに行うことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース